長期ローンと言えば

銀行でお金を借りると利子を払わなければなりませんが、血縁関係でもお金を借りた場合は利子を支払うことに民法上はなっています。

長期ローンと言えば
長期ローンと言えば

血縁者からでも利子をとることができます。

お金を借ります。
その借りたお金を返します。
というのは、まったくもって当然のことです。
お金を借りるために金融機関で、ローンを利用したならそのローンを返済することになります。
ローンをした場合は元本以上の金額を返済することになります。
なぜかというと、金利の分を返さなければならないからです。
金融機関の利益に相当するのが金利となります。
利子は個人同士でお金の貸し借りをした場合でも法律上付与することができます。
仮に兄弟からお金を借りたとしても法律上は利子をとっていいことになっていますが、やはり兄弟や親ともなると利子をとるのは気がひけます。
お金の貸し借りには民法上債権規定があります。
お金を貸す側を債権者と言い、お金を借りる側を債務者と言います。
どちらも権利はありますが、債権者は貸したお金の範囲内で、債務者の財産処分をしたり、取り消したりできます。
債権者は強い権利が認められているようです。
ローンによって担保を設定しますが、これも民法によって決められています。
担保には基本不動産になります。
もし、債務者がローンの支払いができなくなった場合債権者はこの不動産の売却などができます。
そのほか担保として保証人を立てる場合があり、ローンを設定する時は連帯保証人を立てるのが一般的です。
連帯保証人になると、債務者が仮にローンの支払いができたくなった場合代わりに支払わなければならなくなるので、連帯保証人に頼まれた時はよく考えてから承諾しましょう。

Copyright 2017 長期ローンと言えば All Rights Reserved.