長期ローンと言えば

相手が企業であっても金融機関は企業に対して担保が必要になり、企業所有の不動産が担保になることが多いです。

長期ローンと言えば
長期ローンと言えば

企業ローンでも担保は必要。

事業を展開するには資金が必要になります。
事業の展開ですから個人が利用するお金とは比べ物にならないほどの大きな資金が必要なのは当然のことです。
そういう大きな資金になるとそう簡単に調達をすることができないため、金融機関から事業用のローンをする会社もあるようです。
事業用の資金なので、多額になり、 限度額もかなり高く設定されています。
単位的には千万円単位が普通で、億単位のものもあります。
個人のローンでは住宅ローンの限度額が一億円というのが大口になりますが、やはり企業となりとケタが違います。
相手が企業であっても金融機関は企業に対して担保を要求し、事業ローンでは基本的に担保を設定します。
通常担保になるものとしては不動産になり、会社所有のビルや土地など担保となる場合が多いです。
所有しているだけの貸しビルでも当然担保にはなります。
有価証券を担保としていることも最近はあります。
そのほかに投資をおこなっている場合は所有している株式なども担保になり、ローンを組むことは可能になります。
ただ、株式の場合は市場価格に照らし合わせることが重要なようです。
企業家にもビジネスローンは貸し出しをしているようですが、実績がないために念入りな事業計画書が必要になるようです。

Copyright 2017 長期ローンと言えば All Rights Reserved.