長期ローンと言えば

最近住宅ローンを利用している人は民間の金融機関が中心で、銀行系とノンバンク系のどちらも商品化しています。

長期ローンと言えば
長期ローンと言えば

最近の住宅ローンは民間の金融機関を利用する人が多い

有効活用できる土地が少ない日本にとっては土地というのは不動産として価値が高いです。
住宅は税制では資産の一部になり、住宅には税金がかかります。
住宅にかかる税金は固定資産税になり、住宅を購入すると一戸建て、マンションでも固定資産税はかかり毎年税金を支払わなければなりません。
購入費用と税金のことを考えると住宅を購入する時に住宅ローンを利用する人が多いのも納得いくのではないでしょうか。
以前は公的金融機関を利用してローンを組んでいる人が大半のようでしたが、最近では民間の金融機関を利用する人が多くなっているようです。
公的金融機関はバブル崩壊で政府所管から離れてしまって、業務内容が変化しているようです。
住宅を購入したいといという人はやはり住宅ローンを利用することになり商品の提供はされています。
今は民間の金融機関が中心で、銀行系とノンバンク系のどちらも商品化しています。
銀行系は金利が低いですが、審査にかかる期間が長く、ノンバンク系は金利は高いですが、審査にかかる期間は短いです。
銀行系、ノンバンク系どちらを選ぶかはその人それぞれの環境で異なります。
また住宅ローンは最高で一億円までのアウトラインになっています。
もし、それ以上の融資が必要であれば他の金融機関に相談することになります。
公的金融機関と民間金融機関がタイアップした商品のフラット35がいま人気のようです。

Copyright 2017 長期ローンと言えば All Rights Reserved.