長期ローンと言えば

ローンで例えるならローンを利用した方が債務者で、金融機関が債権者となります。

長期ローンと言えば
長期ローンと言えば

債権者と債務者

ただ単にお金を借りるといっても法律で決められていることが多いです。
お金がないから借りる、返せなくなった、では困るからです。
お金を借りると言うとローンを組んで返すのが一般的ですが、ローンを法律で解釈すると民法になります。
債権という言葉をきいたことはないでしょうか。
お金を貸した側が債権者になります。
お金を借りた側は債務者になります。
ローンで例えるならローンを利用した方が債務者で、金融機関が債権者となります。
債務者の支払いが遅れたり払えなくなったりすると債務者は債権者の財産の処分などの取り消し権を使うことができます。
債務者の権利としては正当な支払いをしているが、債権者が受け取ってくれないなどがあった場合、支払いをした時点で、正当な支払いをしているとなります。
住宅ローンなどの場合は支払いができなくなってしまった時のために債権者(銀行など)が担保を設定します。
そういう担保には物的担保と人的担保というのがあります。
物的担保とは不動産などが利用されます。人的担保とは保証人になります。
保証人制度には保証人と連帯保証人というのがあり保証人は債権者の主張に対して、自己の 立場を堅持して反論することができますが、連帯保証人は債権者からもし、支払いの要求があった場合応じなければなりません。
ただ、連帯保証人が支払いをした場合、債務者に対して支払ったお金を返すように請求できます。
このことを求償権と言います。
住宅ローンなどの場合はほとんどが物的担保になり、その購入した住宅が担保になることが普通です。
ローンに関する法律関係の一部ですが、連帯保証人に迷惑がかからないようなローンの組み方をしてほしいと思います。

Copyright 2017 長期ローンと言えば All Rights Reserved.