長期ローンと言えば

住宅を取得した場合、、一戸建だろうが分譲マンションだろうが、税金を納めなければなりません。

長期ローンと言えば
長期ローンと言えば

住宅ローンの課税と控除

日本の税制では、所得を得ていれば、課税されることになります。
給与所得でも、不労所得であっても、それは課税対象となります。
ほかに、税制上、贅沢品や資産に相当するようなものも、課税の対象となりえます。
その根拠は税の公平性と言うことになるのでしょう。
代表的なものに自動車などがありますが、住宅もまた、自動車と同様に課税対象となります。
住宅を取得した場合、一戸建だろうが分譲マンションだろうが、税金を納めなければなりません。
該当するのは固定資産税になり、各市区町村で税率が違ってきます。
クレジットカード以外であれば、窓口や口座振替で支払いが可能です。
各市町村で税率が異なる為、住宅のある住所地を管轄する役所へ確認する必要があります。
しかし、住宅ローンを利用し、苦労して手に入れた住宅でも、こう課税されるものが多くてはうんざりしてしまうこともあるでしょう。
住宅ローンを利用している場合、所得税控除が適用される可能性があります。
確定申告での申告が必要になり、それは給与所得者であっても同様です。
毎年初春頃に申請受付がありますので、国税庁の特設ホームページをから申請書を作成することが出来ます。
情報入力のみで書類を作成できるので、日々忙しい人にとっては非常に便利なシステムです。
また、住民基本台帳カードを持っている場合は電子申請も可能になります。
しかし、その場合は専用のカードリーダーが必要となりますので注意が必要です。
しかし、所得税控除は、どんな人でも必ず控除可能になるとは限りませんので、その点については前もって理解しておくべきでしょう。
書類送付の費用は申請者の負担とされています。
その際は、源泉徴収票の添付も忘れないようにしてください。

Copyright 2017 長期ローンと言えば All Rights Reserved.