長期ローンと言えば

ローンをする時に銀行系とノンバンク系とありますがそれぞれメリットデメリットがあります。

長期ローンと言えば
長期ローンと言えば

それぞれのメリットデメリット

お金が必要な時金融機関のローンを利用するのは普通のことになっています。
街にはいろいろな所に銀行、ノンバンク系の店舗がかなりあります。
今はそういう支店ばかりではなくインターネットからも簡単に申し込みができてローンの利用ができるようになっています。
ローンを利用するにあたって銀行系でもノンバンク系でもそれぞれのメリット・デメリットはあるのです。
ローンと言えば銀行でお金を借りるというイメージがあり、安心して利用できる強みがあります。
しかし、銀行が大丈夫という補償はバブル崩壊によって多少崩れてきています。しかし、潜在的にはローンをするなら銀行でという人は少なくないと思います。
銀行系でローンをするメリットしては金利が低いことがあげられます。
住宅ローンなどの大口融資は基本的に金利が低く設定されています。
デメリットとして銀行系は審査結果が出るのに時間がかかるということがあり、急ぎで資金を調達しなければならない場合はむいていません。
もう一つのノンバンク系は銀行系とは違い、審査結果が出るのが早いようです。
しかし、金利は高いようで、住宅ローンについて比べてみてもノンバンク系の方が高めのようです。
それぞれメリットデメリットがあるので、必要に応じて銀行系とノンバンク系とで選んで欲しいと思います。

Copyright 2017 長期ローンと言えば All Rights Reserved.